被災者に寄り添い、足湯を通して支援の方法を学ぶ講座として、「足湯ボランティア講習会」を1月17日(火)に開催しました。

当日は13名が参加され、講師としてお招きした東京足湯プロジェクト代表金子和巨氏より、足湯ボランティアの実際、実際のつぶやきを見て考えることなどの講義を行い、最後に実技として足湯実践体験を行いました。体験では、足湯につかりながら、手などをマッサージしてリラックスしていただきながら、参加された皆様同士でお話しをされていました。

参加されたみなさんより、「足湯を受ける側はもちろん気持ち良いけど、施す側(ボランティア側)もとても気分が良かった。なぜだろう。。」「身近な人にやってあげたい」などのご感想をいただきました。

参加された皆様には日頃より技術研鑽を含め高齢者サロンなどでご活躍いただき、有事に備えた活動を行っていただく予定です。
まず、2月26日(日)に開催される災害ボランティアセンター運営訓練にて足湯体験ブースで活躍いただく予定となっています。

参加された皆様、お疲れ様でした。