平成27年7月から本日1月26日までの2年間、毎週木曜日(実施しない日もありましたが)午後6時45分から2時間、手話奉仕員養成講座(前期及び後期課程)を行ってきまして、本日が最終日となりました。

最終的に修了者は14名となり、受講生のみなさんがお互い支えあいながら本講座を受講してきたことが、会場の雰囲気から伝わってきました。

のこり3年間は千葉県へと会場が変わり、狭き門の中で切磋琢磨しながら、手話の技術や知識、聴覚障がいへの理解を深めていただき、将来、浦安市へ手話通訳者として活躍している姿が見れることを祈っています。

受講生のみなさん、2年間お疲れ様でした。