浦安市災害ボランティアセンター(浦安市社会福祉協議会)は、8月26・27日に、災害ボランティア養成講座(入門編・コーディネーター編)を開催いたしました。

入門編は、「生き残らなければ始まらない」ことから、日本赤十字社千葉県支部の方より、AEDを使用した胸骨圧迫・人工呼吸による心肺蘇生の実習、浦安市防災課・危機管理監からは、浦安市内の自助・共助・公助、ボランティアによる災害時の精神的なケアについてお話いただきました。
災害ボランティア・災害ボランティアセンターについては、浦安市災害ボランティアネットワークの宮崎代表より、東日本大震災時や現在に取組みについて、浦安市災害ボランティアセンターのスタッフからは、「災害・災害ボランティア・災害ボランティアセンター」について、最近の災害などに触れながらお伝えいたしました。
受講生の中には、地域の自治会活動で防災関連に携わっている方も多く、また、災害ボランティア経験豊富な方も受講され、情報共有いただきました。

コーディネーター編は、災害ボランティアセンターの運営側スタッフ(コーディネーター)としての基本的な知識を座学、シミュレーション、図上訓練を通じて学んでいただきました。
その後、任意で、災害ボランティアとして登録いただいたり、浦安災害ボランティアネットワークにご加入いただきました。

詳細は、入門編は、こちら、コーディネーター編は、こちらをご参照ください。

以上