12月8日、川崎市社会福祉協議会にて、ボランティアセンター担当職員、運営委員などを対象にした「ボランティアコーディネーター研修」の講師依頼を受け、担当いたしました。
前半は、当会の災害時支援活動の取組みとして、東日本大震災以前の活動、東日本大震災時の災害ボランティアセンター(VC)運営とその課題、それを受けた常設型災害VC設置経緯と現在の取組みについて、お話しました。
後半は、当会専門スタッフによる他の災害VCの事例紹介と、平時のボランティアセンターの取組みをいかに災害時に生かすかをテーマにワークショップを行いました。地域の組織や団体、企業などの社会資源を、いかに平時のつながりの中で関係を深めていくかについて、最後、エコマップにまとめていきました。
高層マンションの課題や水害対応など、共通点も多く、当会にとっても貴重な情報交換の場にもなりました。