12月9日、当会が事務局をつとめる、浦安市災害ボランティアネットワークのコーディネーター研修として、東京・有明のそなエリアに行ってきました。
地震後72時間を生き残れるかをテーマに、疑似体験やタオルマスク、新聞紙コップの製作体験などをしました。
その後、近くのホテルで昼食を取りながらの意見交換を実施。次回の研修会で、展示のあった防災食調理やゲーム体験など、活発に意見が出されました。