平成31年2月9日(土)、浦安市文化会館小ホールにて、第19回浦安市社会福祉大会を開催し、約300名の方々にご参加いただきました。

社会福祉大会は2年に1度、浦安市において多年にわたり地域福祉活動に尽力され、功労のあった個人や団体の皆様方に感謝の意を表し、更なる地域福祉の推進を図ることを目的に開催しています。

本大会では浦安市長感謝状22名・1団体、浦安市社会福祉協議会会長表彰90名・7団体、浦安市社会福祉協議会会長感謝状11団体、日本赤十字社浦安市地区長表彰1団体、千葉県共同募金会浦安市支会長表彰7団体の合計112名・27団体に表彰状・感謝状が贈られました。当日は朝から雪が降り、開催も危ぶまれましたが、盛大に大会を行うことができました。

式典終了後には、記念アトラクションとして高木里華さんによる、平成30年10月1日から施行された「浦安市手話言語等の理解及び普及の促進に関する条例」のPRと手話パフォーマンス、山﨑琴音さん(フルート)・清水ちひろさん(ヴァイオリン)・中島悠莉さん(ピアノ)による、アンサンブル演奏をしていただきました。ご参加いただいたみなさんと一緒に手話をして笑顔になったり、アンサンブル演奏の美しい音色で癒されたりと、素敵な時間となりました。

ホワイエでは、市内11支部社協による活動展示コーナーを設置し、日頃の活動を紹介しました。
本大会にて受彰されました皆様方、おめでとうございます。今後益々のご活躍を心よりお祈りいたします。
また、ご参加の皆様、ありがとうございました。