8月19日(月) 午前10時~午後4時まで支部社協等を対象とした、千葉県コミュニティソーシャルワーカー育成研修~地域の担い手養成講座~(千葉県社会福祉協議会主催、本会協力)が開催されました。

市内外から46名の参加があり、はじめに、千葉県社会福祉協議会より「地域福祉フォーラムの活用について」をテーマに国や県の地域福祉関連施策、千葉県社協が行っている地域福祉フォーラム(本会及び支部社協はすでに全地区設置済み)等の講義がありました。つづいて、作新学院大学女子短期大学部 教授 坪井 真 氏による「コミュニティソーシャルワークと地域の支えあい、助けあい」をテーマに地域支援と個別支援について住民目線からできることについての説明を行いました。その後、グループごとに地域の良いところ、生活に困っていること・望むこと、私たちにできること、活動を支える社会資源について話し合いを行い、私たちにできることをさらに具体的に5W2Hを踏まえて考えていただきました。

参加された皆さんより意見としていただいた困りごとやできることを今年度作成する地域福祉活動計画に反映できるよう検討をしていきます。

参加されたみなさん、1日長丁場お疲れ様でした。