2021(令和 3)年 7月 1日からの大雨に伴い、 被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
全国的に広い範囲で大雨となったことにより各地で被害が発生し、特に静岡県では熱海市、富士市に「災害ボランティアセンター」が、沼津市に地域住民による「地域ささえあいセンター」が設置されたほか、 広島県、鹿児島県においても災害ボランティアセンター設置 の検討や 被害状況等の情報収集が進められています。 特に被害が大きかった静岡県において、土石流により甚大な被害が生じた熱海市では、被災地域の住民同士のたすけあいによるボランティア活動が開始されましたが、被災地域外からボランティア活動を希望する人については、 7月 12日現在、静 岡県東部地区在住者に限定したボランティアの事前登録のみ実施されており、本格的なボランティア活動の開始の予定は立っていません。また、富士市、沼津市でも市外からのボランティア募集は行っていません。
こうした状況をうけて、中央共同募金会では「令和3年7月豪雨災害」で被災された方の暮らしを支えるため、各被災地に設置された災害ボランティアセンター等と連携して行う、被災地域内のボランティアグループ・NPO団体等を対象として、被災者支援を行うボランティア活動に対する助成事業を実施します。
被災地域内のボランティアグループやNPOによる支援活動を応援する、「支える人を支える」ための支援金へのご協力をお願い申しあげます。詳細は以下の案内をご覧ください。

別紙_(20210712版)ボラサポ・令和3年7月豪雨 ご寄付のお願いのサムネイル