東日本大震災から10年。浦安市内も液状化などにより大きな被害を受けました。当時、浦安市社会福祉協議会では、翌日の3月12日に『浦安市災害ボランティアセンター』を設置。4月15日までの35日間で、延べ8,629人のボランティアのみなさんが支援活動を展開。泥かきや高齢者の給水支援、高齢者宅の片づけ、運営スタッフなど、延べ989件のニーズ(お困り事)に活動いただきました。

 当時の状況は、こちら浦安情報局にて特集番組が作成されています。震災時、災害ボランティアセンターの運営に関わり、現在、センター長を務める、その時の様子を牧野よりお伝えしています。ケーブルテレビの放送の他、下記の動画サイトでも閲覧可能ですので、ぜひご覧ください。

「第654回 こちら浦安情報局」(浦安市)